calcium

reason

paradox

カルシウムが不足すると、骨が弱ってしまいます。
このことは多くの方がご存知だと思います。
しかしこれ以外にも体の中では大変なことが起きるのです。

  • 身体の維持に欠かせないカルシウムが不足すると、
    身体はこの異変に気づき、
    何とかして体内のカルシウムでこれを補おうとします。
  • 身体に足りないカルシウムを補うためには、
    骨に蓄えられたカルシウムを骨が自ら溶かし、
    身体へ送ろうとします。

    この状態が続くと、骨の中はスカスカになってきます。
  • 骨から溶けだしたカルシウムは、カルシウムが
    これ以上必要のない血液や細胞にまで渡ってしまいます。
    カルシウムは血管や細胞に沈着してしまいます。
  • 血液や細胞に必要のないカルシウム成分は、
    細胞に沈着したり、尿として排泄されてしまいます。
    しかし、今度は体内からカルシウムを急激に出しすぎる為、さらにカルシウムが不足する状態に陥ります。

title

カルシウムは体の多くの働きに関わっているため、不足することによって
様々な問題が起こります。骨の強度の低下や、欠け歯などを引き起こす
原因となるのです。

rikobo

善玉カルシウム

  • 善玉カルシウムとは高温高圧処理をしない未焼成のカルシウムで「非活性カルシウム」と呼ばれ、まっすぐ骨へと届くので、骨を作るのに適したカルシウムです。 非活性カルシウムは体の中でゆるやかに活性化されていくので、血中に急激に吸収されたり、血管や細胞で石灰化しないため、「骨になるカルシウム」として注目されています。

  • 悪玉カルシウムは「イオン化カルシウム」と呼ばれるもので、高温高圧による焼成加工でイオン化(活性化)しています。
    体への吸収力は非常に高いのですが、石灰化して血管や細胞に沈着してしまい、実は骨に届きにくいカルシウムです。また、リンを多く含んだカルシウム食品も該当します。

  • イオン化されていない
    非活性のカルシウム
  • イオン化(活性化)された
    カルシウム
  • 非活性なので、
    体内のマイナスに傾いた
    細胞などに沈着しない
  • 体内でマイナスに傾いている
    細胞と結合して、
    そのまま沈着(石灰化)する
    可能性がある

北海道八雲から発掘されるカミオニシキ貝の化石は
1500~2500万年と言う月日をかけて大自然の力で
風化されており、体内に吸収されても血液中のカルシウム濃度を上げる事なく、骨に届く事から、現在最も良質な天然の「善玉カルシウム」と言われています。

3つの特徴

ポイント1

八雲風化貝カルシウムは、小魚や海藻と同じ非活性の天然カルシウムが原料です。
血液中に緩やかに吸収され、活性化していないので筋肉や細胞に沈着する事はありません。
安全にカルシウムを骨に届けることができます。

  • この八雲善玉カルシウムの特長は、非活性カルシウムである事に加えて、高い吸収率を持ち合わせています。

  • 体内でゆっくりとイオン化していく為、血管や細胞に沈着することなく、骨までしっかりとカルシウムが届きます。

  • 未焼成カルシウムなので、カルシウムのバランスを崩す事なく、整えやすくします。

ポイント2

フランスのガストン・ネサンが発見した超微小生命体「ソマチット」。
これは人間をはじめとする動物の細胞や植物の細胞の中に存在しています。
人間が生きることのできない環境でも死なない不死身の生物です。
また、ソマチットは血液中で多く発見されるほど、健康であると言われています。

  • その昔、海底だった場所にカミオニシキ貝の化石が存在し、独自の特殊製法でカルシウムを抽出。

  • 化石のカルシウムの中には、古代から生き続ける微生物「古代ソマチット」が存在すると言われています。

  • 古代ソマチットは未知の可能性を秘めた健康の新しいキーパーソンとして徐々に注目を集め始めています

ポイント3

title

一般的な2号カプセルの大きさよりも一回り小さい3号カプセルです。
「飲みやすい!」とお子様にもご高齢の方にもご好評頂いております。

title

タブレット(錠剤)タイプだと固形にするための加工をするためカルシウム純度が薄れます。また、粉末タイプは直接口に入れるとむせたり、汚れたり、正確な量を計って摂取するのは困難です。

リコボの善玉カルシウムは八雲風化貝カルシウム粉末だけをカプセルに。
純度の高いカルシウムを必ず適量摂れるため、しっかりと無理なく毎日カルシウムを摂ることができます。

doctor

flow

step01

原料となるカミオニシキ貝の貝化石採掘は、北海道八雲町で行われます。
地下20メートルから採掘した約4000tもの化石は、小高い山として積み上げられ保存してあります。
その中で食品として加工が出来る化石は、わずか1%程しかありません。

step02

採掘した化石と石は、1つ1つ人の手で選別されます。この時、3cm以上の大きいものだけが選別され、善玉カルシウムへ加工されるのです。

step03

選別された貝化石は、雑菌の繁殖を防ぐため、室内にて約1年ほど乾燥させます。
その後、天日干しを約2日間して、泥を落とす為に洗浄をし、再び天日干しを約1日します。

step04

洗浄、乾燥された風化貝化石は、120℃で30分間殺菌処理をして、専用の機械で粉砕され、善玉カルシウムのパウダーになるのです。

step01

さらにこの善玉カルシウムのパウダーを飲みやすいカプセルに詰めます。善玉カルシウムのパウダーは精密機械の故障を招きやすい為、国内でも厳選された工場でしたカプセルにする事はできません。
※東京都府中市のリコボ指定工場にて充填。

step06

充填作業の過程でもカプセルの潰れなどは念入りにチェックされますが、充填後のカプセルは再び検品されます。
この際は熟練スタッフが手作業で丁寧に検品。
品質を保つために管理を徹底しています。

step07

厳しい検品をクリアしたカプセルだけが、ひとつひとつ丁寧にボトルに収められていきます。ボトルキャップはバージンキャップを採用していますので安心です。
※バージンキャップは保存性と安全性を高めたボトルキャップです。

step08

ボトルに詰められた善玉カルシウムは、その後リコボマークのパッケージングが施されます。
八雲風化貝化石の採掘からパッケージングまで、徹底して国内で行っておりますので安心してお召し上がりください。

042-316-3636

平日10:00 ~ 17:00(土日・祝日定休)

qa

「八雲風化貝カルシウム」ってなんですか?
北海道の八雲地方の断層から見つかった、約1500万年~2000万年前のカミオニシキ貝の風化化石から作った、体に吸収されやすいカルシウム(非活性カルシウム)の事です。
普通のカルシウムとどこが違うのですか?
八雲風化貝カルシウムは、小魚や海藻などと同じ非活性の天然素材のカルシウムなので、体内で溶けてイオン化して吸収されるので、骨を作るのに適したカルシウムです。
どのくらい飲んだら良いですか?
本商品は、栄養機能食品(カルシウム)の基準を満たしております。
(1日当たりの摂取目安に含まれる機能表示する成分の栄養素等表示基準値に占める割合:カルシウム65%)
食品として、1日2~3粒程度を目安に、水またはぬるま湯などでお召し上がりください。
このカルシウムの原料の貝の化石は有限資源ですよね?
商品化するために掘削し続けると、いつかはなくなってしまうのではないでしょうか?
昨年の調査にて、八雲風化貝化石の残存量は、約500万トンと計測結果が出ております。
計測結果より、原料の生産可能年数は数百年となりますのでご安心ください。